産み分けゼリーのこと

色々と産み分けについて調べてたら、やっぱりゼリーを使う産み分けが主流みたいです。
というのも、女の子を妊娠したいなら、X染色体というのをもっている精子が受精しないといけません。

産み分け
そのX染色体は、酸性に強くてアルカリ性に弱いという性質を持ってます。
なんで、酸性を強くするピンクゼリーを使うとX染色体にとっていい環境と言えるみたいです。
人によっては、自分の膣の中をリトマス紙で調べる人もいるみたいで・・・

世の中にはツワモノがいますな!って感心してたんですが、それもやっぱり、どうしても女の子が欲しいという気持ちの表れですよね。
気持ちはわかりますよ。

さすがにモモはリトマス紙ないし(理科室にあったけど、どーやって入手するんだw)そこまではできませんが、ピンクゼリーはネットで買って使おうと思っています。

ピンクゼリーの種類

ピンクゼリーは種類がいくつかあって、ハローベビー、ベイビーサポート、ピンクゼリーという主に3つあるようです。

あとは、産婦人科で売ってる、ザピンクゼリーみたいなものもあるので、正しくは4つですね。
(すいません、私は女の子の産み分け希望なので、女の子用のゼリーについて調べたことを書いています)

産婦人科に打ってるものは、瓶にゼリーが入っていて、注射器で吸って膣から入れるタイプですが、一般的に売ってるゼリーは、1つ1つが袋で包装されていて、タンポンみたいに入れて使うタイプです。

モモ的に、衛生面も気になるので、産婦人科のタイプはあまり好みではないです。
毎回お湯で湯煎もしないといけないみたいなので、仲良しの時にそんなことしてられませんしね笑。

なので、ハローベビーかベイビーサポートかピンクゼリーを買おうと思っています。
ただ、口コミがどれも似たり寄ったりなものが多いので、悩みどころではあります。

ピンクゼリーの成功率や口コミについて紹介されているサイトはこちら

安いに越したことはないので、料金的に一番手軽なものにするかもしれません。
またどのゼリーを買ったかは、このブログで紹介しますね!

産み分けっていつからあったんだろう

毎日、毎日、寝ても覚めても産み分けのことばかり考えてしまっています。
そんなことをしているうちに、人っていつのころから産み分けをするようになったんだろうって思いました。

古代からあることなのかなー。
なんか、昔は祈祷とかで産み分けをするとか信じていそうな気がします。
だって病気を治すのも祈祷とかしてたっていうんですもん。
医学が発達していない時代は、そうやって占いとかをよりどころにしていたんでしょうね。
古代ほど昔じゃないですが、やっぱりひと昔前は男の子を欲しがる人が多かったみたいですね。

モモの地元は田舎なので、実際長男を出産したときは、「男の子でよかった」って言われました。
実際夫は会社員だし、家業を継ぐとかはないけど、おうちがお医者さんだとか、代々伝わる技術系の仕事をしている家庭とかだと、なおさら、後継ぎ問題は重大ですよね。
きっとそんな家は男の子を願っているんでしょうね。

でも、自分だったら、将来が決まっている家庭に生まれるのはちょっと嫌だなー。って自分も女の子が欲しいとかいろいろ言うくせにわがままなことまた言っちゃいました!
母の時代も産み分けしたらしい
びっくりしたんですが、母の時代も多少は産み分けは意識したらしいです。

さすがにゼリーとかは使ってないと思うんですが・・・(確認はしていない、だって母とゼリーとかそういう会話って微妙じゃないですかw)
どうやら食べ物とか意識したみたいです。
モモの実家は、私が長女で弟がいる二人兄弟なんですが、一姫二太郎で母はうまいことやったなって思いますw

二人目は男の子がよかったみたいで、なんか食べ物で酸性だかアルカリ性だかにしたよって言っていて結構驚くと同時にうけましたw
親子やること(考える事)は一緒だなって。
ちなみに夫の兄弟は、夫が上で妹がいる二人兄弟です。
なので、家計的には男子家系ではないです。
いとことか親戚も兄弟の性別に偏りはあまりないので、半々くらいですかね。
よく女系一家とか言ったりしますけど、あれは偶然なのでしょうか。
それともできやすいとかがあるのかな?

産み分けの仕組みなんかを見ていると、やっぱり排卵日にしたか、排卵より前にしたかが重要なカギを握っているように思います。

あとはやっぱり、酸性とアルカリ性の性質をちゃんと利用するのも大事だと思います。
なので、ピンクゼリーは絶対使おうって思いました
結構高いですけど、女の子ができる確率が高まるなら、やったほうがいいなって思います。

3人目までは考えますが、4人目は考えていませんし。
経済的な問題もありますからね。

産み分けに使うお金もできるだけ少なくしておかないと、3人いたらなにかと出費も多いですから。
うちは次男にはあまりお金がかかりません。
可哀想ですが、すべておさがりです。

産み分け
2歳ちがいですし、2年前の服って全然時代遅れとかじゃないし、男の子の服ってシンプルだし。1シーズンしか着ていないのでそんなにひどく痛んでもなくて。
おさがりばかりなので、先日はうちの母が次男にって服をくれました。笑
おさがりが嫌だとわかる年ごろになったら新しい服も買ってあげたいと思います。

産み分けしたらやりたいこと

こんにちは、モモです。
男の子二人の育児をする専業主婦ですが、三人目を決意してから、女の子を育てることを夢見ている毎日です。
もし、男の子だった時の落ち込みは今のところは置いといて、妄想は自由ってことでお許しください笑。

産み分け

やりたいこと①リンクコーデしたい

産み分け
いやいや、それなりにいい歳(もうすぐ三十路)なんで、ひらひら系とかピンクとかそういうのはしませんよ。笑
でもボーダーのロンTとデニムとか、そういうのめちゃかわいくていいなーって憧れます。
女の子ならもちろんスカート履かせたり、かわいいの着せたりもしたいですが、シンプル系も好きなので、たまには似たコーデとかしてみたいなーなんて。
うちの男の子たちともやりたいんですが、長男も次男もキャラクターものばかり選びます。
昔は絶対ダサいから着せたくない!って思ってましたが、いざ出産してみて、子育てしてみると、着替えたくないとかこっちがいいとかそういうやりとりで時間がかかってしまうので、はいはい、それならどうぞ着てください!みたいになって知らない間に靴も服もキャラクターものでいっぱいになってしまいました。
不本意ですが仕方ない笑。
ってことは、女の子を生んだとしても同じかな?笑

やりたいこと②女同士で出かけたい!

産み分け
パパと息子たちが出かけたりするとよく「男同士」ってフレーズが出てきます。
なんか秘密の何々があるみたいで笑。
すっごくくだらないですが、4人家族で女一人の私からするとちょっと淋しさもあったり、羨ましさもあるんですよね。
「パパには内緒だよ」とかそんな会話も憧れてしまいます。

やりたいこと③一緒にアイドルとかにハマりたい!

産み分け
何を隠そう、昔ジャニヲタだった私は、ミーハーでアイドル好きですw
今でもジャニーズは好きだし、昔は命がけでコンサート行ったり色々してたんです。
きっと私の血を引いた女の子なら、アイドルとか興味持つはず!
そんで、一緒になってキャーキャー言ったりしたい!
それが夢です笑。
くだらない夢にお付き合いいただきありがとうございます。
さて、産み分けについてですが、基礎体温は順調に測っています。
排卵検査薬も買おうかなって思っているところです。
次の周期に妊娠しないかな~!

願掛け

私、今このYahoo!ブログで産み分けについて書いていますが、もともとはアメブロを見ていました。
アメブロは、リア友が見てるため、さすがにブログに書くのはちょっと気が引けてしまい、こちらを使っているのですが、アメブロにも産み分けを書いている人がとても多いですね。
私が思ったのは、アメブロをしている人のほとんどが女の子希望なのでは?ということです。
【大多数が女の子希望】
あれをみてもこれをみても、女の子希望が本当に多い!
そして、特徴がもう一つ。
すでに男の子がいるママが多い!
うん、うちといっしょ!
わかりますよー気持ち。やっぱり女の子欲しいです。
それに、男の子が可愛くないってわけじゃあないんですよね。
でもなんでなんでしょう、一人目が女の子で次は絶対男の子って人の方が少ない気がするなー。
自分がそうだからそう感じるだけですかね?
【女の子を妊娠するために】
ブログで調べていくと、やっぱり、自力でやってる人もいますが、病院に行っている人も多いですよね。
より排卵を正確に知れますもんね。
私もその方がいいとは思いますが、なんせ田舎在住なんで、なかなか近くにないのが難点です。
東京とか便利なところに住んでたら行くかもしれませんが。
ゼリーや排卵検査薬でなんとか実践したいと思います。
【産み分けについての情報】
いろんな情報があって、混乱しそうになります。
確かな情報がわからなかったりもして。あと、独自でブログでやってる人も専門家ではないので、噂が噂を呼び、迷信みたいになってみんなが信じてるって場合もあるのかなって思いました。
なので、情報は慎重に入手し、判断しないといけないって思いますね。
私はこのサイトを参考にしています。
>リンク
産み分けの方法とか病院とか詳しく載ってて参考になりました。
うちの近くの病院はありませんでしたが・・・w
【産み分けを成功させたい願掛け】
産み分けやっている方の中でも女の子が欲しい人は、ピンクを身に着けたり、そういう面でも意識したって人もいますね。
私、若い時はピンク大好き人間だったんです。でも、最近はシンプル大好きになっちゃって、服も黒やグレーとかそんなんばっか。
こんなんじゃだめだなーって思いました!
なので、せめてもブログをかわいく!と思い、ピンクの枠のを選びました!笑
さすがにこの年でピンクの服はイタイので、もちものとかピンクを意識してみたいと思います。
まずできるのはスマホケースかなぁ!
あとは、ポーチくらい?気づけばポーチもお財布も紺色とかグレーとか暗い色ばかり選んでしまっている私です。
こんなんじゃだめですね!笑

産み分けに成功した人の話

私の周りにも、産み分けをして成功した人の話を何回か聞いたことがあります。
話を聞くと多いのが、一人目が男の子、または一人目と二人目が男の子で次は女の子!と思う人が多いように感じます。
私とおんなじですね。笑

産み分け

やっぱりひとりは女の子を産みたいと思うのは本能なのでしょうか。
私の場合、自分の母親とすごい仲良しなんです。
友達親子って言葉がありますが、うちの親子はまさにそんな感じ!
恋愛話もするし、相談もするし、なんでも話せる親子です。
なので、私も母のようにそうやって友達のように過ごせる娘が欲しいなって思ってしまうんです。
もしできなかったら、旅行とか、ショッピングとか誰と行くんだ!って思います。
なので、私としては絶対に娘が欲しいって思うんですよねー。

話は逸れましたが、私の周りで産み分けした人は、

  • 産み分け用のゼリーを使った
  • リンカルを飲んだ
  • 病院に通った

という人が何人かいます。

病院に通っていた人の成功率は高い気がします。
というか100%かもしれない!というくらいです。

やっぱり、確実なんですかね。
病院に通った人はだいたいみんな産み分けゼリーも使ったみたいです。
ということは産み分けゼリーの効果か?とも思えますよね。
どうなんでしょうか。

産み分けの妊活をしたから、欲しい性別が生まれたのか、それとも、もともと二分の一の確率なんだから生まれたのか、わからなくなりますね。
それでも、ゼリーにはちゃんとした理屈があって、それに沿ってできてるんだから、効果はあるはずですもんね。

友達は、次は絶対に女の子じゃないと無理!と言っていて、他の友達が女の子を妊娠したと知るとものすごい嫉妬していたのを目の当たりにしました。
私は男の子を産んだからか、標的にされずに済みました。笑
結局その子も3人目に産み分けをして女の子を産んだので、もう、大丈夫だと思いますが、女の嫉妬は産み分けにもあるんだなと一瞬怖くなった出来事でもありました。

私ももしかしたら、次また自分が男の子ができたら、女の子を妊娠した人たち少しは嫉妬しちゃうかもです。

それくらい本音は女の子が欲しい、、、、、

検索魔

毎日のように産み分けについて検索しまくっている検索魔は私のことです。笑
夫に産み分けで妊活したいことを打ち明けてからは、夜息子たちが寝てから、もっぱら産み分けトークができるのは結構楽しいです。
うちの夫婦、お酒はあんまり飲まないんで、ひたすらお菓子とか食べながら話すんですが、それって妊活には大敵ですよね(>_<)
コーヒー控えたりして、気を付けていきたいと思います。

【産み分けをやっている病院がしていることって何?】

ところで、病院で産み分けをするっていったいどんなことをするんだろうねって話になり、私なりにまた調べました。
そしたら、このサイトでいろんな病院の産み分け事情について詳しく書かれていてとっても参考になりました。

>産み分けの病院紹介サイト

私が住んでいる地域の情報は少ないですけど、これからもっと増えてくるんですかね?
ちょっと期待してます笑。

【産み分けをやっている病院の検査】

産み分けをしている病院では、場所によっては、最初に検査を色々するみたいです。
排卵の検査とか、血液を取って女性ホルモンを調べたり。
あとは、子宮がんがないかどうかとか、子宮筋腫とかの女性系の疾患がないかとかも調べてくれたりするところもあるみたいです。
私は結構そういう検査ズボラでほとんどしたことがないです。
最後にしたのは次男の妊娠の時なので、もうかれこれ2年以上前です。
産み分けをすることを気に一度検査してもらった方がいいかもと思っています。

【産み分けをするときに通院する回数】

産み分け病院
実際に産み分けをスタートさせたら、まず通院をしないといけないみたいです。
排卵日をチェックするために生理が始まった1週間後とかに卵胞の成長具合を見てもらうんだとか。
あの膣エコーで調べるようです。
私あれ、何度やっても慣れなくてやっぱり嫌なんですよねー。
痛くされた日にはもうテンションがた落ちです!
でもまあ、産み分けして女の子を生むためにはやるしかないですよね!
通院は人による見たいですが、卵胞のサイズを図るため、1周期に1回とかではなく、何度か行くのがスタンダードのようです。
それって結構めんどくさいです。
うちには4歳と2歳のぼくちゃんたちがいるんで、連れてくのは結構大変だし、かといって毎回夫に預けることもできないし、預けられる日が排卵日とは限らないし。
というわけで、2児の母としては、病院に行くのすらハードルがあがるんですよ。
気軽に利用できる一時保育とかもっとあったらいいんですけどね、いつもいっぱいみたいで。
待機児童問題とかもありますが、こういう核家族の子供を一時的に預かれる施設も増えてほしいなーなんて思います。
話は逸れましたが、産み分けはやっぱり病院がいいのはわかりますが、なかなか行けないのが現状なので、自分でできそうなことを始めてみようかな。
まず、基礎体温からだな!
久々に体温計探さないとねー

産み分け情報

こんにちは、モモです。
今日は私が、色々なサイトなどで調べた産み分けについて書いていきます。

【産み分けの確率】

産み分け
産み分けをしたい私としては、結構どれくらいの確率で産み分けが成功するのかっていうのは死活問題でして・・・笑。
成功率ってどうなんだろうって思います。
普通の妊活が50%だとしたら、産み分けがどれくらいの確率に上がるのかって皆さん気になりますよね。
でも、正直、色々なサイトを見ましたが、はっきりと何パーセントかなんていうのはわからなくて、人によって、サイトによって様々でした。
まあ、データを取りようがないっていうのもあるんでしょうね!
もし、確率が50%から55%くらいにしか上がらないんだったら・・・と思うと、すでにふたり男の子を生んだ私としては不安になります笑。
ちょっとでも確率が高くなる方法っていうのが、巷でよく言われるいろんな対策をした産み分け方法なんでしょうね~。

【産み分けにかける思い】

私としては相当必死です。
というか、女の子が生まれる事しか考えられません!笑
でも、もしもしもし、男の子が生まれてももちろん可愛がって大事にしますよ!
だけど今は女の子を授かることだけ考えたい!
信じる者は報われるっていうじゃないですか!
なので、気持ちだけは女の子ママで痛いと思います。

【産み分けをするとき病院に行くべきか】

産み分けをするには、病院に行くべきかということですが、やっぱり行った方が確率は高いみたいです。
というか、排卵日がちゃんとわかるんだったら自分でやっても一緒かなって思います。
モモの場合は、わりと排卵日がしっかりとわかる方で、整理もぴったり28日で毎月くるので、予測は立てやすいんだと思います。
本当は病院に行った方がいいのはわかっていますが、なかなか通うってなると億劫にもなりますよねぇ。
確立を少しでも上げたいならそんなこと言っている場合ではないんですが・・・笑
産み分けをやっている病院もそんなに多くないのが現状で。
ただでさえ産婦人科って減ってるし、出産できるところなんて限られてます。
産み分けは分娩がないようなクリニックでもしてるところもあるみたいですが、電話で断られてしまったところもあります。
一番近くて行きやすいところもやってませんと言われたばかり。
どうするべきか悩みますが、まずは産み分けに必要なグッズもそろえていき、次の排卵を待つことにします。

産み分けブログ始めます

はじめまして、絶賛妊活中のモモと申します。
妊活をしているのですが、ただ妊活しているだけではなくて、私の場合、今回の妊活は「産み分け」にこだわっていきたいと思っています。

批判もあるとは思いますが、不快な方はご覧にならないようにお願いします。
私なりに産み分けについて色々調べたことなどを書いていきたいと思っています。

【私が産み分けをしたい理由】

どうしても女の子が欲しいと思っています。

産み分け
どうしてこんなに欲しいのか、理由を聞かれたら、「欲しいから」としか言えません。
我が家には元気な男の子が2人います。
実は一人目から女の子希望で、妊娠中から女の子が生まれてくるとばかり思っていました。
しかし、妊娠中のエコーで「男の子です」と告げられ、その日はショックで呆然として帰宅したのを覚えています!笑
産まれてみたらかわいいもので、男の子特有の甘えだったり、おバカなところも愛おしいです。
長男が生まれた2年後、我が家に二人目の坊ちゃんが生まれました。
二人目は女の子!と思っていたので、その時の衝撃も大きなものでした。
子どもは2人でいいかなと思っていましたが、どうしても女の子が欲しい私は、3人目の妊活にチャレンジすることにしました。
そして、今回ばかりは、リアルに産み分けにもチャレンジしようと思っています。

【夫の同意は?】

はじめ、3人目が欲しいこと、そして産み分けにチャレンジしたいことを夫には反対されると思っていました。
しかし、思い切って話してみると、「そうだね、やってみよう」と想像以上に前向きな返事。
正直驚きましたが、協力してくれるに越したことはありません。
こうして、モモ家の三人目妊活で産み分けをすることになったのです。

【産み分けの情報】

産み分けについての情報は、今ちょうどネットで色々調べているところです。
まずはしっかりと理論とかそういうところから勉強していこうと思います。
ひとまずは、チャレンジ宣言をしようと思い、また、記録に残そうと思いこのブログをつくることにしました。
皆さん、どうぞよろしくお願いします。